脚やせにNGな砂糖/OKな砂糖

白砂糖や三温糖、きび砂糖、甜菜(てんさい)糖など、砂糖には様々な種類がありますが、
その中でも脚やせダイエット中にはできるだけ避けたいNGな砂糖と、あまり罪悪感なく食べても良いOKな砂糖とがあります。

今回は代表的な砂糖について、その特徴と脚やせダイエット中におけるメリット・デメリットをまとめました!


NGな砂糖

白砂糖(上白糖)

サトウキビや甜菜から不純物を徹底的に除去することで白くなった砂糖です。

白砂糖は、精製の過程でショ糖と呼ばれる甘み成分以外の全てを取り除いてしまっているため、栄養素はほとんどありません。白砂糖の中でもグラニュー糖は、その99.9%がショ糖とも言われています。

白砂糖は、体内で分解される際に多くの酵素や、ビタミンB群、カルシウムを消費してしまいます。
そのため、本来必要な栄養分を分解・吸収するための酵素まで奪ってしまったり、赤血球をつくる働きのあるビタミンB1を消費し、血液のドロドロ化を招いてしまうおそれがあります。

脚やせダイエット中にはなるべく摂取を控えたい砂糖です。


三温糖

三温糖は、白砂糖を精製した後に残った糖液を、さらに煮詰めて出来たものです。加熱されたことによって色が付き、茶色っぽくなっています。

白砂糖の精製過程で取り除かれたミネラルがわずかに残っているため、白砂糖より三温糖のほうが体に良い、という説もありますが、誤差の範囲程度なので栄養面では白砂糖をほぼ同じと考えて良いです。

三温糖に含まれるショ糖は、白砂糖に含まれるものよりも分解が困難なため、より多くの酵素やビタミンを消費してしまいます。

脚やせダイエット中は、もっとも避けたい砂糖です。


血糖値の急上昇にも注意!

ちなみに、白砂糖と三温糖はともに、血糖値の急上昇をさせやすいという点においても、ダイエット中には避けたいところです。

血糖値の急上昇が起こると、インスリンの過剰分泌が引き起こされます。

インスリンが過剰分泌された後に起こる血糖値の急降下は、身体のだるさやイライラの原因になったり、過剰な食欲の原因になってしまい、ダイエット的にも非常にマイナスです。

血糖値の急上昇の危険性については、こちらにもまとめてあります↓

なぜ「血糖値の急上昇」は太る? | B-CHERISH

「血糖値の急上昇」で太るしくみ 「血糖値の急上昇は、肥満を招く」 そんな話を聞いたことがある人は多いと思います。 しかし、なぜ血糖値の急上昇が肥満につながってしま…


OKな砂糖

きび砂糖

原料であるサトウキビ本来の色が残っているため茶色く見える砂糖です。
白砂糖と比べると途中までしか精製されていないため、カリウムやナトリウム、マグネシウムやカルシウムといったミネラルが残っています。

味も白砂糖とほとんど変わらないため、脚やせダイエット中には白砂糖の代わりとしてきび砂糖を使っていただくのがおすすめです。


甜菜(てんさい)糖

甜菜糖の原料である甜菜(別名:サトウダイコン/ビート)は、北海道などの寒冷地で栽培されるため身体を温める作用があるとされています。

また甜菜糖はオリゴ糖を多く含んでいるため、腸内環境の改善にも効果があります。
ミネラルも豊富で、血糖値の上昇も緩やかなため、脚やせダイエット中にもおすすめの砂糖です。


黒砂糖(黒糖)

サトウキビのしぼり汁をそのまま煮沸濃縮し、加工せずに冷やして固めたものが黒砂糖です。

砂糖の中ではもっとも多くミネラルを含むため体にはとても良いですが、特有の香味があるため料理には使いづらいというデメリットもあります。


まとめ

脚やせダイエット中のおすすめ砂糖

◎…きび砂糖・甜菜糖・黒佐藤

×…白砂糖

××…三温糖

白砂糖・三温糖もそれ自体が身体に悪いというわけではありませんが、摂りすぎには十分注意していただくことで、より効率の良い脚やせが期待できます。

ご家庭にある砂糖の種類を、ぜひ今一度チェックしてみて下さいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA